検索
  • 松井重樹

週刊読んDayMonth20201030

更新日:2020年11月10日


釣瓶落としの夕陽に哀愁を感じはじめると…、つい書棚からとりだす一冊。

なぜか…。

「この本を書くのには8時間しかかからなかった。

だが、この本を考えるのには3年もの月日がかかった。

人はもしかしたら「たった8時間か」と思うかもしれない。

だがもしかしたら、「3年もかかったのか」と思うかもしれない。

前者は、運の訪れを待つ者たちのこと。

後者は、幸運への下ごしらえをできる者たちのこと。」

すべては、このあとがきを噛みしめなおす…、

そんなところ…にあるのかなと、思えるのです。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示