検索
  • 松井重樹

週刊読んDayMonth20201030

最終更新: 2020年11月10日


釣瓶落としの夕陽に哀愁を感じはじめると…、つい書棚からとりだす一冊。

なぜか…。

「この本を書くのには8時間しかかからなかった。

だが、この本を考えるのには3年もの月日がかかった。

人はもしかしたら「たった8時間か」と思うかもしれない。

だがもしかしたら、「3年もかかったのか」と思うかもしれない。

前者は、運の訪れを待つ者たちのこと。

後者は、幸運への下ごしらえをできる者たちのこと。」

すべては、このあとがきを噛みしめなおす…、

そんなところ…にあるのかなと、思えるのです。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

県HPに本日アップ:新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金協力金の申請書

☆本日先ほど、新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金協力金の申請書が兵庫県HPにアップされました。 https://web.pref.hyogo.lg.jp/.../koronakansenkakudaibousi... ☆市町、県民局・県民センター、商工会議所・商工会、金融機関(三井住友銀行、みなと銀行、たじま銀行、県内信用金庫・信用組合)では、2月5日頃より申請書類一式を配布する予定です。 「